みんなの雑学

みんなの知識を寄せ集め

エレベーターの障害者ボタンなど、障がい者向けのボタンのあまり知られていない意味

公共の場において、障がい者向けにいろいろな仕組み、設備、事物があり、皆さんも一度は目にしているはずです。

例えば、歩道の下に設置してある目の不自由の方に向けての黄色のパネル、車いすの方に向けたスロープなど様々なものがあります。

そんな障がい者に向けたものをバリアフリーといいます。

しかし、有名なもので誰もが一度は必ず目にするバリアフリーで知られていないことがあります。

それはエレベーターに設置している障がい者向けのボタンです。

エレベーターにはバリアフリーとして鏡を設置して、車いすの方が後ろを見なくともエレベーターの出入り口を確認できるようにしているのは最近知られるようになりました。

エレベーターが複数ある場合に障がい者向けのボタンを押せば、その鏡を設置しているエレベーターが来るようになることともう一つ大事な役割があります。

障がい者向けのボタンのボタンを押せばすぐにエレベーターが来ると勘違いしていませんか?

障がい者向けのボタンを押してもエレベーターが到着する時間は変わりません。もう一つの大事な役割は開閉時間です。

障がい者向けのボタンを押すとエレベーターが開く時間が長くなるのです。長くなることによって、健常者に比べて乗るのに手間がかかる車いすの方がゆっくり落ち着いてエレベーターに乗れるのです。

障がい者向けのボタンをエレベーター以外によく見かける場所があります。

それは、横断歩道です。

横断歩道にも障がい者向けのボタンを設置してあります。

有名なのは、そのボタンを押すと歩行者用の信号が青になった際に目の不自由な方のために音で知らせてくれます。

また、ボタンが低い位置にあり車いすの方が押しやすいことで、これはエレベーターもそういう作りになってますね。

しかし、知られていないことがあります。それは障がい者向けのボタンを押すと歩行者用の信号が通常より青の時間が長くなります。

これで移動速度が遅い障がい者の方や足の不自由なご老体の方も安心してゆっくり渡れるようになります。

なので、渡るのが健常者の方だけならば、信号で止まっている車に時間をかけさせてしまうので障がい者向けのボタンを押さないようにしましょう。

そして、障がい者の方やご老体の方がいれば障がい者向けのボタンを押してあげましょう。

-豆知識