みんなの雑学

みんなの知識を寄せ集め

「幼稚園・保育園・こども園」保育施設の違いを説明します

これから子どもを保育施設に入れようかと考えている方や出産予定の方向けに、保育園施設の違いについて書きたいと思います。

小さい子どもを預ける施設として、みなさんイメージするのは幼稚園と保育園かと思います。

ざっくり言うと、幼稚園は3歳から5歳の子ども、小学校入学前の子ども達に教育をする施設。

保育園は0歳から5歳の小学校入学前の子ども達に保育をする施設です。

最近は幼稚園の機能と保育園の機能を併せ持つ、認定こども園という施設も増えてきました。

行政では幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省、認定こども園は内閣府が管轄しています。

幼稚園は保護者と幼稚園の直接契約によって子どもを預けることができるので、基本的に幼稚園に子どもを入れたいと思えば誰でも入れることができます。

保育園は行政の窓口に行って保育の必要性によって、振り分けられるので、両親が働いている家庭など、日中子どもを保育する人がいない家庭の方が保育園に入りやすい傾向にあります。

最近は共働き世帯の増加によって保育園に入れない子どもが待機児童になって問題にもなっています。

幼稚園は教育、保育園は保育とよく言いますが、最近は幼稚園でも預かり保育と言って、通常午後は家庭に帰って行くお子さんを長時間預かるサービスをしている幼稚園もあります。

保育園でもただ子どもを養護するという視点だけでなく子ども達に充実した経験を用意して教育的な活動に力を入れている保育園もたくさんあります。

管轄は違えど、幼稚園と保育園の差は少なくなってきたのかもしれません。

子どもが生まれて、職場復帰をしようと考えているお母さんや一人で子育てをされている方はまずは行政の窓口に行って、保育園かこども園に子どもを預けられるようにするといいでしょう。

ご家庭で子育てのできる方で、子どもに幼児教育を受けさせたい方は認定子ども園や幼稚園を検討されるといいかもしれません。

保育園に子どもを預けることができなくて、職場復帰をあきらめた方でも、幼稚園の預かり保育を利用してパートタイムの仕事をすることならできるかもしれません。

場合によっては認可外の保育所もあります。いろいろな可能性があります。

子どもを預ける施設を選ぶ時には自身で見学に行って決めてくださいませ。保育施設は一つひとつの施設によって本当に様々です。

それぞのご家庭によって状況は様々ですから、子どもやみなさんにとって良い選択をできることをと願っています。

-豆知識